丸山珈琲特集

「丸山珈琲」とは 丸山珈琲は、コーヒー生産国で開催される国際品評会の国際審査員かつ丸山珈琲のバイヤーでもある丸山氏が、1991年に軽井沢で創業したコーヒーブランドです。 丸山珈琲には、日本人として初の世界バリスタチャンピオンや、その他優秀なバリスタが多く在籍しています。そのスペシャリスト達の手により、丸山珈琲独自の焙煎技術を駆使して焙煎された「高品質のコーヒー」を楽しむことができます。

  • 丸山珈琲とは?
  • 取扱い商品一覧はこちら

丸山珈琲とは?

目には見えない信頼関係を築くことこそが、良い豆を産み出す大事なプロセス

コーヒー豆の市場は、例え高品質であっても、知名度が無いばかりに安く買いたたかれてしまう世界。 良質な豆を生産しているにもかかわらず生計が成り立たなくなった生産者たちは、コーヒー農園を手放さざるを得なくなり、結果、コーヒーの質は下がり続けました。
この状況に対して丸山珈琲は、良質な豆の生産地を守るための中長期的な支援・生産者の生活水準維持・おいしいコーヒーを作るためのモチベーション向上、この3点に注力しました。
丸山珈琲で取り扱っているコーヒー豆は、オーナーである丸山健太郎氏が自ら生産地に出向き、現地で直接買い付けを行っています。
世界最高レベルのものを生産する人々に最高のスポットライトを浴びてもらうため、現地での直接仕入れを通して、生産者との密なコミュニケーションとサポートを行っています。 時間と労力はかかるものの、シンプルな流通ルートによる買い付けは、生産者と消費者双方に還元できるとの考えから、最高品質の「スペシャルティコーヒー」を求めて日々海外を飛び回り、信頼件関係を築いています。

丸山珈琲は、こだわりをもった独自の焙煎技術で、豆そのものの持ち味を最大限に引き出しています。

どんなに良い豆であっても、「焙煎」のレベルが伴わなければ台無しになってしまいます。 豆の味の仕上がりは、ロースター(焙煎人)によって変化することから、焙煎は最も重要なプロセスです。 最高の豆を最高のコーヒーに仕上げるのは、焙煎の腕次第です。
そこで、丸山珈琲では仕入れた生豆を自家焙煎するため、日本で現在までに3台しか導入事例のないアメリカ製の「スマートロースター」を導入しました。
また、所有する最新型の70kg焙煎機は、現時点で「丸山珈琲」にしか存在しない、世界で唯一の焙煎機です。 その日の天候や温度・湿度を考え、時間の微調整を行いながら焙煎された豆はカッピング(審査)にかけられ、厳しい基準をクリアした豆だけが「丸山珈琲」のコーヒーとなるのです。

スペシャルティコーヒーとは? 簡単にいえば“ 飲んでおいしいコーヒー ”のこと。

しっかりとした環境・管理のもと、その年に生産された最高品質のコーヒー豆を選出する「カップ・オブ・エクセレンス」にて、認定された国際審査員が行うスコアシートに基づく評価によって、一定以上の点数を獲得した豆に「スペシャルティコーヒー」という称号が与えられるようになりました。
丸山珈琲では、スペシャルティコーヒーの中でも、特に品質の高いコーヒーを取り揃えています。

「カップ・オブ・エクセレンス」について

「カップ・オブ・エクセレンス」とは、土地にあった在来種の豆を栽培し、生産方法を開発し、発展途上生産国の経済的自立を促進するために立ち上げられた特別な国際プロジェクトです。
厳密で透明性の高い審査によって評価される「スペシャルティコーヒー」の中でも、頂点となる「カップ・オブ・エクセレンス」は、公平なオークションにかけられ、世界中のバイヤーが競って入札を行います。丸山珈琲の代表・丸山氏は「カップ・オブ・エクセレンス」の国際審査員として品評会に参画する一方、自身もバイヤーとして入賞した豆を高額で落札したことで、「丸山珈琲」の名が広まるきっかけとなりました。それから幾度も上位に入賞した豆を高額で落札し、世界最高品質のコーヒーを世に提供し続けました。
結果、「カップ・オブ・エクセレンス」の入賞者や、その他コーヒー関係者のモチベーションの向上に繋がり、このプロジェクトを「丸山珈琲」ならではの方法で支えています。